中国の偽アップルストアがリニューアルオープン | | ねた速-2ちゃんの知恵袋ネタまとめのまとめサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | はてブに追加

中国の偽アップルストアがリニューアルオープン

偽アップルストアが新しく生まれ変わりました
あたかも正規店であるかのようにアップル社の「りんごマーク」を掲げ、スタッフの服装や店の内装までそっくり。一部の偽店舗は非正規流通品を買い取って、再販売することを許可されているようなのだが・・・・



偽アップルストアが新しく生まれ変わりました

その偽アップルストアが世界的に話題となり、アップル社は「営業をやめるように」と訴えていた。そして最近になり、偽アップルストアが店舗名を変更し、新たに営業開始したのである。新しいお店の名前は「スマートストア」(Smart Store)。

海外のIT系情報サイトによると、アップル社の中国法人は、2011年7月の終わりに法的な手続きに踏み切り、雲南省昆明(こんめい)市では、5店舗が摘発され、そのうち2店が閉鎖されることになったそうだ。

当然ながら、いままで通りに営業できるはずがない。存続を決めた他の店舗はお店の名前を変更して、改めて営業を再開したのである。ある店舗は「スマートストア」に、別の店舗は「iParty」に変更することとなった。

しかしながら、アップルのロゴは使用したままで、なおかつ名前が変わっただけで内装やスタッフの格好は以前のまま。しかも店内にはいまだに「Apple Store」と書かれたPOPが掲げられている。

あまりにも商魂たくましすぎて、アップル社が何度裁判を起こしても無意味な気が……。近いうちに、またアップル社からクレームをつけられるのではないだろうか?


http://rocketnews24.com/2011/08/15/121904/
関連記事
[ 2011/08/16 23:31 ] トップ | TB(0) | CM(0) | はてブに追加
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

逆アクセスランキング
人気ページランキング
アクセス解析
サイト内検索
アクセスカウンター
アクセスカウンター


ただいまの閲覧者
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。