| | ねた速-2ちゃんの知恵袋ネタまとめのまとめサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | はてブに追加


アノニマスは日本の改正著作権法のどこが気に入らないんですか?
推理してください。


、、、

ハッカー・アノニマス、日本政府HPへ攻撃開始




違法ダウンロードの罰則化を盛り込んだ改正著作権法が今月20日に成立したことに反発し、国際ハッカー集団「アノニマス」が日本政府などを標的にしたサイバー攻撃「オペレーション・ジャパン」を開始したことがわかった。

26日には、財務省のホームページ(HP)が不正アクセスを受けたとみられ、同省は一部のページについて公開を停止した。最高裁のHPも同日夜、一時通信障害を起こしており、内閣官房情報セキュリティセンターが各省庁などに緊急警報を出し、注意を呼び掛けている。

アノニマスはネット上に出した声明で、「改正著作権法は多くの無実の市民を刑務所に入れる」などとして、政府機関を攻撃すると表明。26日には、国有地の物件情報を提供している財務省のHPに「我々はアノニマスだ。我々は許さない」などとする文書が挿入された。

(2012年6月27日01時21分 読売新聞)


>aki_nagisaさん
極端に言ってしまえば、インターネットの情報を簡単に制限できる環境になってしまった。とも言えます。
何でもかんでも、これは違法だ!と宣言すれば閉鎖できますし見た人も処罰できると。
一応、親告罪ですが、UPした人を捕まえて、そこへのアクセス履歴から、イモずる式で引っ張ってくることも可能なんですね。疑いかけてPCを調べる。そこに違法コンテンツがあれば即アウト!です。警察の権限がかなり大きいですね。これが自由の制限です。

youtubeやニコ動などは見ているとき一時的にでもPCにダウンロードされます。これに違法アップの音楽が入ってると、これも刑罰の対象になってしまうんですね。

とは、いったものの。昔からこれはグレーゾーンでしたし、いまさら感もあります。
推測にしかすぎませんが
もともとアノマニスの発祥が4chanで日本のアニメが好きな人々ということもあり、アニソン等の割れが減ること危惧してるのかもしれませんね。(まあさすがにどうだかわからんが)
また、これから2次創作への制限等の法律ができるかもしれませんね。その先駆けとしてのこの法律を危惧してるのかもしれません。
つまり、自分たちの楽しみが減らされるのが、いやだということです。


でもまあ、ハッキングは犯罪ですので犯罪者が騒いだところであまり政府はびくともしないのですが、一般大衆の目を引くには、かなり役立ったと思っています。
これからは、彼らがどう動くかも気になりますが、これに触発された人々が、どう動くかがカギとなってくると思います。



>ozawakazuouさん
彼らの真意はわかりかねる部分が多いのですが。

しいてあげるとすれば、ネット上での自由という事ではないのでしょうか?

事実、日本だけでなく、ネット検閲をする国すべてが攻撃対象らしいですから…

まぁ、短絡的に言ってしまえばみんなノビノビハッキングできる世の中になってほしいという事ではないですかね。

>yuki_kei_2007love04さん
考え方の違いですよね。
他がとやかくつっこむ事でもないよね。自由と話す人達は何の責任を見積っての自由でしょうか?

法を守らない人間に処罰をするのは
どこも当たり前ですよね。

作品を生み出すアーティストから
作品を守る権利を奪うようなものです。




>yuki_kei_2007love04さん
考え方の違いですよね。
他がとやかくつっこむ事でもないよね。自由と話す人達は何の責任を見積っての自由でしょうか?

法を守らない人間に処罰をするのは
どこも当たり前ですよね。

作品を生み出すアーティストから
作品を守る権利を奪うようなものです。



>kagemarunerveさん
アノニマスは自由なインターネットを求めているからです。

考えかたの違いでしょう



>cdma2000loveさん
レコード会社と政治家が結託してネットの自由を侵害するからでしょう
関連記事
[ 2012/07/01 20:28 ] トップ | TB(0) | CM(0) | はてブに追加
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

逆アクセスランキング
人気ページランキング
アクセス解析
サイト内検索
アクセスカウンター
アクセスカウンター


ただいまの閲覧者
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。